今週のお題「おかあさん」



お題が「お母さん」と知り、書いてみようと思う。

私は母の泣き顔や大笑いした顔を知らない。

凛とした母だ。

いつもハッキリと、白黒付けないと気が済まないタイプであり、無駄なことが嫌いである。

好きなことは、雑誌のパズル(ナンプレ)と、読書と2時間サスペンス(テレビはそれ以外見ないので芸能人を知らない)。

むしろ、仕事と家事と、それら以外ほとんど目にしない。



けれど、一度私に泣いて電話したことがある。

私は今までに経験したことない母の泣き声にパニクってしまった。

祖母のあたりが激しく、辛くなった、そう言っていた。

私が大学生、ちょうど原宿で遊んでいた時にかかってきた電話だった。


私は母に、もう少し気を許して欲しいと思っている。

そのためには、もっともっとコミュニケーションが必要なのだろうか。

まだまだ先かもしれないが、私は母の心からの、精一杯の笑顔を見たい。そう思っている。

YouTuberについて

私はYouTuberが大好きである。

 

YouTuberがアップした動画を見るなんてこっちが金あげてるようなもんじゃねーか!

と、最初は思ったが、見ていくうちにその人柄に惚れ、のこのことハマっていく。

昔のバラエティ番組が好きなYouTuberの作った動画はバラエティとしてしっかり機能しているし、商品紹介をしているYouTuberや、グルメに特化しているYouTuberの動画で食欲をそそられる。美容系YouTuberでメイクも勉強出来る。

 

商品紹介の「HIKAKIN」、バカな「はじめしゃちょー」、アスレチック軍団「フィッシャーズ」、都市伝説の「水溜りボンド」、規模のでかい実験系バカ「すしらーめんりく」、美容系の「ゆうこす」と「かわにしみき」、は、だいたい毎日チェックしている。

他に、グルメレポの「はいじぃ」、釣りの「旭」、フレッシュな「スカイピース」、大食いの「木下ゆうか」などを見る。

 

最近はバーチャルYouTuberが流行りに流行りまくっている。

今までYouTubeを見ていなかった人達も虜にしている。

バーチャルYouTuberとは、アバター、もしくはモーションキャプチャーでキャラクターを動かし声を付けるYouTuberである。

初音ミクが喋っている動画を世に出している、ような感じ。

キズナアイを筆頭に、輝夜月、ミライアカリ、シロ、などである。

私は輝夜月ちゃんが大好きである。

どこが好きかというと、まず声。あとは何でも適当な雰囲気。あとはかわいこぶらないところ。

みんながハマっていく様子を見て、あの初音ミクの誕生と派生を見ているよう。

 

YouTube、おすすめですよ!

無限の世界が広がってます!

趣味から義務へ

こんなことはあるだろうか。

よくあることだと思う。

好きでやっていることが、やらなきゃいけない、に変わること。

私は何度も経験し、その度に後悔をする。

 

「やらなきゃ...」

「行かなきゃ...」

そんな思考がいつの間にか生まれる。

 

その生まれる過程には、必ず人が関わっている。

「行かなきゃ、やらなきゃ、何か言われるのではないか」

「仲間はずれになるのではないか」

そんな怖さが生まれる。

 

正直、そんな人間関係、もう飽き飽きした。

だから私は、付かず離れず、距離感を持つように心がけている。

 

たまに一人になって寂しくなることもあるが、しょうがない、と思うことにしている。

足を踏み入れる、くらいはいいが、結果的にドロドロの関係に引きずり込まれ、最終的に傷を負うのは自分なのだ。

 

義務になって苦しむ前に、楽しい趣味として何事も楽しんで行きたいなぁと思うこの頃である。

就活

ある派遣会社に登録したら、トントン拍子に採用が決まりました。らすてぃです。

今までの苦労は何だったんだろうか…。

幾つか面接した企業はことごとく落ちていたのに。

面接して、今までの職歴話して、WordExcelのテスト(割と難しくはない)、文字タイピングとテンキーのタイピングで、登録終了。

文字タイピングがローマ字入力しかできなくて焦った~~。

実は私、かな入力なんです、パソコン。

幼少時代に、ローマ字を覚えるより早くパソコンに触ってそのまま成長した結果がこれだよ!www

「普段かな入力なんです」と言い訳するしかなかった~~www

(ローマ字入力慣れろよ!!!)

とりあえずそんなことで、やっと仕事に就きました。

長かったなぁ~~( ˙-˙ )

家からめちゃくちゃ近い職場だし、頑張る( ᵒ̴̶̷᷄ωᵒ̴̶̷᷅ )و ̑̑

 

好きな映画

私の好きな映画 ベスト10 

10位 TAXi

9位 シャッターアイランド

8位 ショーシャンクの空に

7位 ライフ・イズ・ビューティフル

6位 メン・イン・ブラック

5位 ビッグフィッシュ

4位 グッドウィルハンティング

3位 CUBE

2位 きみに読む物語

1位 バタフライエフェクト

SNSの可能性の話

私は、縦の繋がりと同じくらい横の繋がりも重要だと思っている。

確かに、縦の繋がりは大事だ。

上司や部下、社長や部長、仕事をしていく面で切っても切り離せない問題がそこにはある。

社会では縦の繋がりが重要視されている。

しかし、それ意外ではどうだろうか。

プライベートや色んなSNSをやっていく上で重要なのは、横の繋がりではないだろうか。

繋がることで、自分自身をもう一度客観視出来るきっかけになると私は思う。

世界は広い。

そして、本当に色んな人と繋がれるのがSNS

飛び込んでみることで、自分が意外なところで評価されることもある。

繋がることで広がる未来もある。

もしかしたら、将来が変わるかもしれない。

そんな可能性がそこにはある。

夫のいない毎日

逃げているわけでも、離婚したわけでもない。

ただ夫が出張しているのである。

約一週間、家にいない。

一人暮らし感覚だ。

なんという怠惰な生活。

ご飯も凝らずに、お腹を満たせれば何でもいいと思っている。

尽くす相手がいないと料理もする気分にならない。

話すこともなければ、話す相手もいない。

二人の居心地の良さを知ってしまったら、一人が本当に寂しく感じる。

きっとずっと一人の人は知らない感覚だと思う。

 

今年は出張が多いらしい。

一人の時間をうまく利用できるようになりたい。