趣味から義務へ

こんなことはあるだろうか。

よくあることだと思う。

好きでやっていることが、やらなきゃいけない、に変わること。

私は何度も経験し、その度に後悔をする。

 

「やらなきゃ...」

「行かなきゃ...」

そんな思考がいつの間にか生まれる。

 

その生まれる過程には、必ず人が関わっている。

「行かなきゃ、やらなきゃ、何か言われるのではないか」

「仲間はずれになるのではないか」

そんな怖さが生まれる。

 

正直、そんな人間関係、もう飽き飽きした。

だから私は、付かず離れず、距離感を持つように心がけている。

 

たまに一人になって寂しくなることもあるが、しょうがない、と思うことにしている。

足を踏み入れる、くらいはいいが、結果的にドロドロの関係に引きずり込まれ、最終的に傷を負うのは自分なのだ。

 

義務になって苦しむ前に、楽しい趣味として何事も楽しんで行きたいなぁと思うこの頃である。